2017 選抜 甲子園 注目 打者

2017年春の選抜甲子園大会と言えば清宮幸太郎選手に注目しているファンの方が非常に多いと思います。


清宮幸太郎選手がデビューした2015年夏の甲子園大会でオコエ瑠偉選手や平沢大河選手と言ったスターが誕生しましたが、その中でも一際輝きを放っていた一年生が清宮幸太郎選手でした。


そして、そのスターが甲子園の舞台に舞い戻ってくるということもあり話題の中心であるということは間違いありません。


しかし、


今回は清宮幸太郎選手ではなく潜在能力十分の注目打者達に注目してみたいと思います。


新たなスターが誕生するのでしょうか?



2017年!春の選抜で注目すべき打者達を紹介します。


※2017年春の選抜!注目投手はこちらでご紹介しています♪
関連記事:春の選抜2017!注目投手はこの3名!



2017年選抜の早稲田実業の4番・野村大樹!新たなスーパー一年生登場!


2017 選抜 甲子園 注目 打者

早稲田実業と言えば清宮幸太郎選手に注目が集まりますが、その早稲田実業の4番打者は清宮幸太郎選手ではなく、この野村大樹選手なのです。


2016年夏の東京都大会からすでに4番・サードとしてレギュラーの座を手中に収め、大阪桐蔭の根尾昴選手と共にスーパー一年生として注目を集めていました。


野村大樹選手の武器はなんと言っても広角に打ち分ける打撃です。


ライト方向にも本塁打を放つことができる打撃は既にプロのスカウトからも熱い視線を集めています。


そして、中学時代はキャッチャーを経験していたこともあり、バッテリーの心理を考えながらも甘い球を確実に仕留める好打者です。


早稲田実業は清宮幸太郎選手だけではありません。


スター候補とも言える野村大樹選手の躍動にも注目です。

神戸国際大付属の扇の要!強肩強打の猪田和希!


2017 選抜 甲子園 注目 打者

2017年春の選抜甲子園に出場する強豪・神戸国際大付属高校に注目の捕手が在籍しています。


それは4番・キャッチャーの猪田和希選手です。


2年生夏から外野手としてチームの4番を務めていた選手ですが、新チーム発足後からキャッチャーにコンバートし、僅か数か月で正捕手として躍動する野球センスの高さが魅力の選手です。


身体能力も非常に高く、遠投110mの強肩を武器にしています。


そしてその強肩だけでなく2016年秋の大会では12試合で4本塁打を放ち、打率は驚異の.475を記録するほどの打棒を披露しました。


捕手としては大会NO.1との呼び声があるほどの存在です。


キャッチャーとしての経験は短いですが、まだまだ伸びしろ十分の選手です。


2016年夏の大会で常葉菊川高校の機動力を封じた秀岳館の九鬼隆平選手のように強肩で甲子園を沸かせる可能性もあり、猪田和希選手の成長がチームの成長にも直結するとも言えるでしょう。


強豪の扇の要を務める強打者に注目です。


関連記事:高校野球2017春の選抜!清宮以外の注目選手は!?


2016年選抜王者の智弁学園の柱!走攻守にハイレベルな福元悠真!


2017 選抜 甲子園 注目 打者

2016年春の選抜甲子園大会を制したのは奈良県代表の智弁学園でした。


そして、


その大会で躍動した福元悠真選手の存在は非常に印象に残っているファンの方も多いのではないでしょうか?


春の選抜大会の王者に輝いた試合ではホームランを含む三安打の大活躍を披露し、全国にその名を轟かせました。


もちろんその打棒にも注目ですが、守備面でも正確なスローイングと抜群の守備範囲には高い評価が集まる選手です。


現在はプロ野球の世界でも走攻守三拍子揃ったスター選手が躍動していますが、そのスター達と同じように全ての面でハイレベルなプレーを披露する選手です。


パワーとスピードを兼ね備えた現代野球の申し子とも言える選手ではないでしょうか?


連覇を目指す智弁学園の主軸・福元悠真選手が甲子園を沸かせるかも知れません。

2017年選抜大会は注目打者が目白押し!目の離せない大会になる!?


2017 選抜 甲子園 注目 打者

今回は2017年選抜大会に出場する注目打者達に注目してみました。


清宮幸太郎選手以外にも多くの注目打者が揃う大会になりそうです。


以前も紹介しましたが大阪桐蔭の根尾昴選手、日大三の金成麗生選手らからも目の離せない大会になりそうです。


2016年は全体的に投手が主役とも言える一年でしたが2017年の主役はスラッガー達になるかもしれません。


球児達の躍動、さらには今回紹介した以外の打者の覚醒に期待しましょう。


関連記事:2017高校野球春の選抜!優勝候補を予想!ズバリここだ!