大谷翔平 年俸 税金 計算

プロ野球選手は成功すると、普通の生活をしている人からは想像できないほどの年俸となります。今の時代では各球団に1億を超えるプレーヤーがたくさんいますよね。その他にもドラフト1位選手であれば契約金も1億円は今は普通です。


特に現在、日本球界で最注目選手の二刀流・大谷翔平選手はプロ5年目を迎える2017年の年俸はなんと2億7000万となっています。本当に羨ましい限りですが、もちろん、全てが自分の懐に入ってくるわけではありません。


プロ野球選手は個人事業主という形式でそれぞれの球団と契約をしています。ですから、そこから個人が税金を納めなければいけません。今回は大谷翔平選手の年俸から計算した税金を調べてみました。


プロ野球選手が実際に年俸から差し引いて、どれくらいの金額が手元に残るのか気になるところですよね。


関連記事:菅野智之が嫌いな理由は!?チームメイトに嫌われているのは本当か!?



税金とは!?サラリーマンとプロ野球選手(個人事業主)の違いは?

税金 サラリーマン プロ野球選手

まずは、簡単に税金について確認しておきましょう。

納税は、言わずと知れた日本国における義務の一つです。ですから必ず納めなけれないけないものですが、サラリーマンの場合は務めている企業が、それぞれの税金を給料から徴収してまとめて納めています。


給与明細をみれば分かると思いますが、額面の金額からそれぞれの税率に基つ゛いて引かれて手取り金額…という形になっているのが一般的です。


しかし、プロ野球選手は個人事業主という形となっており、それぞれが税金を納めるようになっています。毎年1月頃には確定申告という言葉をテレビや新聞、その他メディアで多く目にしたり、耳にすることがあると思います。


確定申告とは個人事業主が毎年、前年の所得から納める金額を計算して納めることを指しています。ですから、プロ野球選手の全ては確定申告を行なうことが必要になるわけなんですね。

プロ野球選手はどのような税金を納めるの!?

プロ野球選手 どのような 税金

実際納めている税金の種類は、プロ野球選手とそうでない一般の個人事業主の方も同じ種類の税金です。ですので、税金の種類は所得税・住民税・消費税ということになりますね。


この所得税、住民税は”所得”により率も変わります。ですから、個々で税理士さんなどに委託し正しい納税額をはじきだして、納める形式をほとんどの選手がとっています。


消費税については個人事業主の方で1000万以上を超えた場合に納めなくてはいけない税金となっています。1000万以下の年俸であればこれには該当しませんが、1軍選手でレギュラーの選手であれば、普通は1000万以上の年俸です。


ですので、プロ野球選手は大きく分けると所得税・住民税・消費税を納めていることになるんですね。


関連記事:鈴木誠也の彼女あやちゃんって誰?情熱大陸でデートしていたは本当!?



大谷翔平選手の税金額の合計は!?

大谷翔平 税金 合計 

大谷選手の2017年の年俸は2億7000万です。プロ入りから毎年右肩上がりで年俸が上がっています。シーズンオフの契約更改の時期に発表されていますよね。ですが、何度も言うように、この年俸がそのまま全て手元に残る分けではありません。先ほどから言っている税金を納めなくてはいけないわけです。


そして、所得が多くなればなるほど、税金を納める額も多くなります。

では、大谷選手の税金の内訳はどれぐらいになるのでしょうか?

おおよその合計金額を調べました。


まずは所得税です。所得税は所得額から税率が決まります。大谷選手の年俸は2億7000万です。ですから最高税率の45%を納めることになります。それを計算すると1億1670万になります。約1億2000万ですので、平均すると、毎月1000万の所得税を納めている感じになります^^;


続いては住民税です。現在住んでいる自治体に支払う税金です。住民税は前年の所得に基つ゛いて支払います。ですから大谷選手は前年の年俸2億円に対してかかってきます。住民税は約10%なので2000万円が住民税ということになりますね。


続いては消費税です。消費税は現在は8%です。普通は物を購入した時などに払う支払っているのが消費税ですが、個人事業主で1000万を超える場合は支払わなくてはいけないものになっています。ですから、大谷選手の年俸2億7000万から8%を計算すると、2160万になります。


この3つの税金額をすべて足すと1億5830万ほどが、納税額ということになります。通常でいくとこの金額を税金で納めることになりますが、その他賞金、CM出演料なども今回の所得にはいれていないので、実際の税金はもう少し高くなるかも知れませんね^^;


ですが、先ほどの計算した税金には必要な経費等を記載していないので、実際には経費などが差し引かれますので、あくまで目安だと思って下さい。大谷選手はCMも多く出ていたりするので、実際の税金は、もっと高くなっていると思いますよ。

まとめ

大谷翔平 年俸 税金

大谷選手の税金額の合計は、ざっくり計算すると、約1億5830万ほどです。それにしても、改めて計算してみても税金は、「高いなぁ」っといった印象を受けますよね。


特に所得税は元々の所得が高いからというのが一番ですが、税率が45%というの凄いですよね。約半分です。日本国で決められているので仕方ないことですが、大谷選手は納税額でも、日本に大きく貢献している選手なんですね。笑


野球ファンに夢や希望も与えこれだけ国に貢献している人物ですから、今後もさらに大谷選手を応援したくなってくる方も多いと思います。2017年も投打ともに進化している大谷選手を見届けていきたいと思います。


それでは最後までご覧頂きありがとうございました。


関連記事:小久保裕紀に逮捕歴!?脱税の前科があった!?無能な侍ジャパン監督は大丈夫!?