net〜甲子園。 〜青春の続き〜

プロ野球、高校野球を中心に野球選手と野球に関わるさまざまな情報をお届けします。


甲子園2016!プロ注目ドラフト上位候補をまとめてみた!

   


甲子園 2016 プロ注目 ドラフト候補

2016年夏の甲子園大会の日程が日々進行しています。


注目された高校が姿を消す姿や下馬評を覆す活躍を見せる学校の躍進と、甲子園は混戦模様です。


そんな甲子園大会ですが、大会前の評判通りの高いパフォーマンスを発揮した選手が多数いました。


今回は甲子園に出場し、パフォーマンスの高さを証明してみせたプロ注目のドラフト候補を特集します。


関連記事:高校野球U18のメンバー候補に清宮は?どうやって決めてるの?
Sponsored Links




2016年甲子園最速タイ!ドラフト上位候補に登り詰めた豪腕!


甲子園 2016 プロ注目 ドラフト候補


今大会は有力投手が多く出場し、大会前からドラフト上位候補と言われた選手は多いです。


しかし大会中に大きく成長し、一躍ドラフト上位候補に躍り出たのは間違いなく栃木県代表、作新学院のエース今井達也投手です。


自己最速は150km/hとも149km/hとも言われていましたが、その自己最速を一回戦の尽誠学園戦との試合で早速151km/hに更新して見せました。


さらに、前評判では制球が荒いという声が多かったのですが、非常にまとまった投球を披露し、13奪三振を奪う快投を見せました。


さらにはストレートだけでなく切れ味抜群のカットボールも非常に魅力的で十分に空振りを奪うことが出来る威力を持っています。


まだまだ身体の線は細いので、トレーニング次第で球速が伸びる可能性は非常に高いです。


現時点での実力でも、素材としての魅力も大会でトップクラスの存在になり、大会前から一定の注目を浴びてはいましたが、


甲子園での活躍でプロ注目の選手の一人から、一躍ドラフト上位候補と囁かれる存在にまでなりました。

強肩強打のドラフト候補!強力打線の扇の要!


甲子園 2016 プロ注目 ドラフト候補


続いては、大会中の活躍で評判をさらに上げた熊本県代表、秀岳館の正捕手九鬼隆平選手に注目です。


一回戦で激突した常葉菊川高校との試合では自慢の強肩を存分に披露してみせました。


2塁到達まで1.9秒台をコンスタントに計測する強肩が売りの捕手ですが、初回にいきなりその強肩を披露し、ヒットで出塁したランナーの盗塁を阻止して見せました。


間違いなくこの強肩は常葉菊川の盗塁を抑止し、相手の作戦を封じるだけの威力を見せていました。


まだまだキャッチングに課題は残りますが、トータルのディフェンス面は間違いなくプロで通用するという評価が囁かれています。


打撃も魅力ですがディフェンス面での実力も高く、将来性の高さに注目です。


秋のドラフトでも上位指名を受ける可能性が十分にある捕手です。


関連記事:プロ野球選手出身校ランキング!歴代で一番多く輩出した高校はどこ?
Sponsored Links



躍進を支えるドクターK!素材はプロで活躍する先輩以上!?


甲子園 2016 プロ注目 ドラフト候補


2015年の甲子園でもマウンドに登っていましたが、一回りも二回りも進化した姿で2016年夏の甲子園に帰ってきた、広島県代表、広島新庄高校の堀瑞輝投手にも注目が集まります。


一冬越えてストレートの最速は147km/hを計測するまでにスケールアップをしました。


スリークォーター気味のフォームから投げ込むストレートに打者のバットは面白いように空を切ります。


ストレートだけでなく、カーブやチェンジアップを巧みに使い、緩急を付けた投球をすることもできるレベルの高い投手です。


一回戦の関東一高との試合でも延長12回を一人で投げ切りましたが、ピンチでも動じることのないメンタルの強さも魅力です。


履正社の寺嶋投手や、花咲徳栄の高橋投手とは少しタイプが異なりますが、現在プロで活躍する高校の先輩、田口麗斗投手二世ともの呼ばれる実力の高さは折り紙つきです。


2016年のドラフトは高校、大学と超有力選手が多いので「1位指名!」というわけにはいかないかもしれませんが、2位~3位での指名は十分に有り得るほどのドラフト候補です。


打者としての評価が急上昇!チームを支える大黒柱!


甲子園 2016 プロ注目 ドラフト候補


こちらは二年前に「絶叫一年生」と呼ばれて甲子園の注目を集めた、愛知県代表、東邦高校の藤嶋健人投手です。


一回戦の北陸高校との試合では4番ライトで先発出場を果たし、自慢の打棒を全国の高校野球ファンに披露しました。


ホームランを放つ活躍を見せましたがその他の打席でも長打を連発し、ヒットが出ればサイクルヒット達成という場面でもツーベースを放つなど、打撃のレベルは非常に高い水準にあることを改めて認識させる結果を残しました。


この藤嶋健人選手をドラフト候補と評価する声は非常に多いですが、打撃の評価がここに来て急上昇しています。


地元の中日だけでなく、多くの球団からドラフト候補との声が上がっており、ドラフト指名が有力視されています。

ドラフト候補が多く集った大会



甲子園 2016 プロ注目 ドラフト候補


今回はドラフト候補であり、現時点で指名が有力視されている選手を特集してみました。


惜しくも破れてしまいましたが、横浜高校の藤平投手、村田選手や履正社高校の寺島投手など、


ドラフト候補と呼ばれる選手や、ドラフト1位候補との声が上がるほどの有力選手が多数出場していました。


打ち込まれてはしまいましたが創志学園の高田投手も150km/hを超えるボールを甲子園でも投げ込み、自慢の剛速球を甲子園でも披露してみせました。


まだまだ大会にドラフト候補と呼ばれる選手は多く残っています。


ドラフト候補と呼ばれる選手がチームを牽引し、どの高校が全国の頂点に立つでしょうか?


甲子園を騒がせるドラフト候補に注目して残りの大会を見守りたいと思います。


関連記事:甲子園奪三振記録まとめ!その後は活躍していない!?
Sponsored Links


【号外情報】懐かしのアニメを見てみませんか?



野球漫画で最初にブームを巻き起こしたのが、この【巨人の星】ではないでしょうか?


ですが、最近の若い世代の方はほとんど読んだことがないと思います。


アニメ化され爆発的ヒットとなった巨人の星は、一昔前の世代の野球少年たちの心を灯し続けました。その心を引き込むストーリーは今となってみたら笑えるものも多くありますが、小さい少年の純粋な心には響くものばかりでした。


まだ見たことない若者も、懐かしさを味わいたいあなたも、ぜひ、お暇な時にチェックしてみてください。


下のバナーをクリックすると【巨人の星】全話を見やすくまとめたページに飛びます。


▪︎2017年の気になる記事はこちら

▪︎プロ野球!スイングスピードランキング!平均だとどのくらい⁉︎

▪︎プロ野球のバットの重さはどれぐらい⁉︎実は高校生よりも軽い⁉︎

▪︎高校生の歴代通算本塁打記録を見ると意外な選手が入ってる⁉︎

▪︎野球で球速アップの筋トレ法は?球速を上げるトレーニングに必要なのは?

記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ


こちらの記事も読まれています


 - 高校・大学・社会人