高校野球 応援歌 かっこいい ランキング


高校野球と言えば球児たちの熱戦ですが、鳴り響く打球音や声援だけでなく吹奏楽部による応援歌が非常に印象的ですね。


「タッチ」や「さくらんぼ」や「SEE OFF」など、昔懐かしいアニメのテーマやバンドサウンド等、様々な曲が応援歌に採用されて球場を賑わせています。


プロ野球でお馴染みになっているチャンステーマが高校野球の試合で演奏されているシーンも印象的です。


チャンステーマだけでなく憧れのプロ野球選手の応援歌を採用している高校も多数ありますね!


今回は個人的にかっこいいと思う試合を盛り上げる高校野球の応援歌のベスト5を発表したいと思います。


関連記事:高校野球スーパー一年生特集!注目すべき3人をご紹介!
Sponsored Links


第五位!千葉ロッテの「チャンステーマ3」


第五位は千葉ロッテがチャンスの時に演奏するチャンステーマの一つ、「チャンステーマ3」です。


高校野球でもこの応援歌を採用する高校は多いのです。


この応援歌の特徴はコールに合わせてジャンプをするところですが、コールの部分は人数が多ければ多いほど迫力があります。



そして、コールが終わった後に「燃え上がれ!燃え上がれ!勝利を掴み取れ!」というフレーズを全員で叫びます。


接戦の場面でこの曲が流れるとスタンドが非常に湧き、得点への期待が高まります



第四位!チャンスをモノにする打者にはこの曲「必殺仕事人のテーマ」


第四位は「必殺仕事人のテーマ」です。


スタンドが静まり返る中、トランペットだけのイントロからスタートするのがこの曲です。


静かな始まりとは裏腹に歌のパートがスタートしてからの盛り上がりは凄まじいものがあります。チャンスをモノにできる好打者にこそこの曲が似合います



第三位!大人気アニメのテーマ「紅蓮の弓矢」


第三位はアニメ「進撃の巨人のテーマ」として話題になった「紅蓮の弓矢」です。

イントロのスピード感とそこからBメロ→サビという進行にしている高校が多いですが、サビに移行するまでに徐々にムードが盛り上がっていく印象なので、打席に立っている選手に対しての期待感が高まります。


大ヒットした曲がすぐに応援歌としてアレンジされて採用されるのが高校野球の応援歌の魅力ですね





関連記事:甲子園に公立高校が出場する確率は!?私立が一度も出たことがない県も!?
Sponsored Links



第二位!スラッガーと言えばこの曲「アフリカンシンフォニー」


第二位は高校野球の応援歌の定番とも言える「アフリカンシンフォニー」です。


この曲で応援される選手は身体も大きく威圧感抜群の選手が多いです。


応援でよく使われるスタイルはイントロのフレーズをスタンドからメガホンで「おーおおおーおおおーおおおー」と歌うスタイルですが、部員数が多い高校だと人数も多く、男性の低音が重なり非常に迫力があります



第一位!プロでも高校野球でも甲子園と言えばこの曲「チャンス襲来」


第一位は12球団で一番ファンが熱狂的とも言われる阪神タイガースの「チャンス襲来」です。


トランペットとドラムの演奏とスタンド全体から「ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!」の声が響き、歌詞は「チャンスだ振り抜けかっ飛ばせ!」という至ってシンプルなものですが、シンプルだからこそスタンドが一体になり、チームとスタンドのボルテージは最高潮になります。


プロ野球の試合も高校野球の試合も一瞬にして盛り上げ、得点が生まれるその瞬間を予感させるこの曲が個人的には一番かっこいいと思います。




まとめ


いかがでしたでしょうか?


個人的にかっこいいと思う高校野球の応援歌を並べてみました^^;


年々高校野球の応援歌はバリエーション豊富になっています。


アイドルが歌うあの曲やアニメやドラマで話題になったあの曲など、毎年のように意外な曲を応援歌にアレンジしている高校があり、応援を聴くのも楽しみの一つです。


演奏だけでなくスタンドで行われているパフォーマンスも年々個性的になってきています。


今年の選抜で滋賀学園の個性的なダンスやパフォーマンスの数々が話題になったのも記憶に新しいですね。


スタンドからグラウンドに向けて送られる応援歌は球児たちの熱いプレーを間違いなく支えています。


プレーだけでなく応援も楽しむことができるところが高校野球の素晴らしいところだと思います。


注目の好投手やスラッガーだけではなく、どんな応援が展開されるかを見て楽しむの一つの楽しみ方かもしれませんね!


それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました♪


関連記事:高校野球木製バットの使用規定は?甲子園で使用されたことはある?
Sponsored Links


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で