2017年夏の西東京大会地方予選で、東海大菅生に完敗を喫した日大三高。

そのマウンドを支えてきた一人がプロ注目でもあった左腕・櫻井周斗投手(3年)。夢であった夏の甲子園、その前に早稲田実業の清宮幸太郎選手(3年)との対戦もないまま、櫻井投手の夏が終わりました。

W左腕エースとして同じくチームの柱であった金成麗生投手(3年)は地方大会終了後「プロの世界に挑戦したい」と早くもプロ志望の意思表示をしています。

それでは、櫻井投手の今後はどうなのでしょうか。

プロ志望なのか、はたまた進学、社会人・・・。またプロ志望届けを出した場合の指名は何位くらいなのか。今回は櫻井周斗投手の紹介も交え、今後の進路などの動向を推測してみたいと思います。


関連記事:清宮幸太郎進路表明時期がいつか予想!U18後?プロ?早大?それとも…

Sponsored Links

櫻井周斗の進路は?中学生時代から才能を開花させていた!?



U-18代表にも選ばれた日大三高の櫻井周斗投手。改めて彼は、どんな経歴で、どんなタイプの投手なのか紹介していくことにします。

櫻井投手はシニア時代から、いわば「エリート育ち」であったと言っても過言ではありません。埼玉県所沢市出身で、小学校1年生で軟式野球を始めた彼は、6年生時には「ヤクルト・スワローズJr」入りもしています。

そして中学時代は新座シニアに所属。小中学校の経歴から言って、その野球センスが光っていたといえるでしょう。

現在は「消えるスライダー」を武器として話題になっている櫻井投手ですが、肘に故障を抱えていた彼は、日大三高入学当初は野手として活躍していました。ですが、同校の投手陣に故障者が相次いだことにより、再び投手となったのは高校2年生の昨年となります。

投手再転向後は速球、スライダー、チェンジアップを徹底的に磨き、ストレートはMAX150キロ近く、加えて持ち味の縦のスライダーで次々と奪三振ショーを演じる投手にまで成長。早稲田実業との対戦では、あの清宮幸太郎選手からも立て続けに三振を奪ったことで一躍話題にのぼりました。

そんな櫻井投手ですが、夏の予選敗退後は「周りと相談してから」と、進路表明を明確にはしていません。元々日大三高から直接プロに行く選手はあまりおらず、有力選手はほぼ大学進学した後プロ入りしています。

現役の日大三高出身者のプロ野球選手でも、卒業から直接プロ入りしたのは広島・坂倉将悟選手のみ。阪神の高山俊選手、ロッテの吉田裕太選手、オリックスの山崎福也投手など、現在プロで活躍している日大三高出身者も、大学進学を得てプロ入りしている例として挙げられます。

しかし、投手としてはこれだけの逸材、また野手としてのバッティングも光る櫻井投手なので、当然プロ球団のスカウトもマークしています。U-18大会終了後には、進路を明確にするのではないでしょうか。


関連記事:広陵中村奨成のドラフト予想!カープ?巨人?阪神?1位で取るべき球団は?
Sponsored Links


櫻井周斗ドラフト指名されるならどこの球団?何位で指名される?大予想!



さて、そんな櫻井投手がもしプロ志望となった場合、どこの球団が指名してくるか、また、何位くらいで指名される可能性があるのか、という点が気になりますね。

もちろん櫻井投手には多くの球団が視察に訪れています。やはり、櫻井投手自身楽天の則本昴大選手を手本としたという、縦と横のスライダーが各球団にとっても注目のようです。

特に櫻井投手に一番熱心といわれるのが日本ハム。MAX149キロというストレートも、日本ハムスカウトのスピードガンが計測したものです。櫻井投手登板の際には毎回視察に訪れているとか。

巨人、中日、ヤクルト、ロッテ、広島などのスカウトも熱い視線を送っているようで巨人のスカウトは「ピッチャーで左腕なら櫻井」と高評価、中日も「あのスライダーはなかなか打てないだろう」と感想を述べています。

やはりどの球団も評価は高いですね。

巨人は田口麗斗投手を高校生ながらドラフトで獲得し、ローテーションの一角にまで活躍させている実績もありますし、投手不足に悩み、高校生を比較的獲りにくる傾向のあるヤクルトも獲得に動くかもしれませんね。

また、楽天のスカウトは投手というよりも野手として、桜井選手の魅力を感じているようで「強い振り方が良い」と評価しています。

ですが、巨人に関しては、まだ進路を明らかにしていない秀岳館の田浦文丸投手に熱視線を送っていると言われています。中日も、打てる捕手として広陵の中村奨成選手、また進路を明らかにしていない清宮幸太郎選手を狙っているというコメントも出ています。

しかし、今年のドラフトでは競合が避けられない逸材でもある選手を上位でどの球団も狙っており、挙げるとするならば日本ハム、ロッテ、巨人、中日、広島、ヤクルトあたりが上位で指名するのではないかと予想します。

ドラフト順位としては、外れ1位か、ウェーバー方式になっても、2位で消えるくらいの投手なのではないでしょうか。

まとめ

恐らくU-18大会終了後、進路を明確にすると思われる櫻井周斗投手。

今までの日大三高の出身選手の例に沿うならば、進学の線が濃厚とも思われますが、Wエースとして活躍した金成麗生投手がプロ表明していることもあり、櫻井投手自身も決めあぐねているのかもしれませんね。

いずれにせよ、あの素晴らしいスライダーを初めとした変化球、そして速球。これだけの素質を持った櫻井投手には、いつかその素質をプロの世界で開花した姿を見たいと願ってやみません。


関連記事:2017春の選抜!注目打者はこの3名!
Sponsored Links