net〜甲子園。 〜青春の続き〜

プロ野球、高校野球を中心に野球選手と野球に関わるさまざまな情報をお届けします。


糸井嘉男FAで巨人は本当?他に予想は?メジャーはどうなった?

   

糸井嘉男 FA 巨人 予想 メジャー


現在パ・リーグの盗塁数でトップに立っているのは「超人」と呼ばれるほどの身体能力の高さと宇宙人と言われる程の天然エピソードが満載の糸井嘉男選手です。


糸井嘉男選手がFA権を取得したニュースが報じられていますが、そのFA権取得と同時に巨人入りの噂が浮上してきています。


しかし、オリックスへの移籍のきっかけとなった日本ハムとの契約更改の場で浮上したメジャーリーグへの移籍願望はどうなったのでしょうか?


今回は糸井嘉男選手がFAを行使して巨人に行くのか?


それとも巨人以外の球団へ移籍をするのか、はたまた残留するのか?


以前口にしていたメジャー願望についてなど、糸井嘉男選手の様々な部分に迫ってみたいと思います。


関連記事:DeNA山口俊のFAはCS次第?予想は?嫁・高木加織や子供を再優先!?
Sponsored Links


FA権を取得した糸井嘉男が巨人入りと予想されるのはなぜ?


糸井嘉男 FA 巨人 予想 メジャー


2016年にFA権を糸井嘉男選手は取得しましたが、巨人入りを囁かれるのはなぜでしょうか?


今のところ糸井嘉男選手本人からは移籍願望をほのめかすような発言もなければ巨人入りを希望しているような発言もありません。


それでも巨人入りの噂が囁かれる理由は三つあります。


まず一つ目は、糸井嘉男選手は東京に自宅を構えていますが、現在所属するオリックス・バファローズは大阪に本拠地を構えているので単身赴任をしているそうです。


大物がFA権を取得した時によく出てくる説ですがこれが理由の一つに挙げられています。


二つ目は巨人のユニフォームのスポンサーはアンダーアーマー社と契約をしているのですが、糸井嘉男選手もアンダーアーマー社とアスリート契約をしているため巨人に縁があるというのも理由として囁かれています。


そして三つ目は巨人の外野事情です。


レフトにはギャレット選手、ライトには長野選手というレギュラーがいますが、やや守備に不安が残ります。


糸井嘉男選手も高齢なので長期に渡っての活躍は難しいかもしれませんが外野守備の強化と、近年貧打に苦しんでいる打線の強化を同時に達成することができるので、巨人側としては是が非でも糸井嘉男選手は獲得したい存在です。



このような三つの理由によって糸井嘉男選手は巨人入りが噂されています。


繰り返しますが糸井嘉男選手の口からは具体的な発言は今のところありません。

糸井嘉男選手がFAで移籍すると予想されるのは巨人だけ?実は阪神や他球団も狙っている?


糸井嘉男 FA 巨人 予想 メジャー


糸井嘉男選手はFAで巨人に移籍する風潮がありますが、「超人」と呼ばれる程の身体能力を持った選手がFA市場に出た場合は巨人以外にも多くの球団が興味を示すはずです。


そして、


その糸井嘉男選手の獲得調査に動き出した球団が現れました。


それは「超変革」をテーマに2016年シーズンを戦っている阪神タイガースです。


2016年は積極的に若手を起用して若手の成長を促しています。


しかし、


金本監督は就任当初「チャンスは与える。それでダメなら大型補強もする。」と発言をしていました。


もし阪神が2016年Bクラスになった場合はその「大型補強」が発動される可能性は非常に高いです。


さらに阪神もライトの福留選手は確固たるレギュラーと言えますが、怪我を抱えてプレーをしていることもあり少しでも負担を軽くしたい状況です。


なので、外野のレギュラーとチームの軸を任せられる糸井嘉男選手は阪神にとっても優先度が高い選手と言えます。


巨人との争奪戦が予想されますがオリックスと同じく阪神も関西の球団なのであまり現在のライフスタイルを変える必要がないという点は魅力になるかもしれません。


今のところは巨人と阪神が糸井選手に興味を示しているという報道がメインですが、シーズンオフが近付くにつれて糸井嘉男選手の獲得に名乗りを上げる球団が出てくるかもしれません。


関連記事:プロ野球2016戦力外予想!チーム別で大予想!
Sponsored Links



FA権を取得の糸井嘉男選手!メジャーへの挑戦は諦めたの?


糸井嘉男 FA 巨人 予想 メジャー


現在糸井嘉男選手はオリックスに所属していますが、2012年シーズンまでは日本ハムに所属していました。


ポスティングを利用してのメジャー移籍を試みるも球団側と折り合いがつかずトレードで移籍したというのが世間のイメージだと思います。


実は噂されているのが当時契約していた代理人から入れ知恵をされてメジャー志望を口にしていた…ということが言われています。


まったく興味がなかった訳ではないかもしれませんが、本心からメジャーへ挑戦したいという訳ではなかった…とも言われているんですね。


元々投手として糸井嘉男選手は日本ハムに入団しましたが投手としての活躍は果たせませんでした。


しかし、


驚異的な俊足や高い身体能力を買われて野手として再起を目指して見事に成功させたのです。


なので自分自身を見出してくれた球団に対して非常に恩義を感じていたそうです。



なのでその入れ知恵されて発言したメジャーリーグへの願望も球団が難色を示した後にすぐに封印しました。


しかし、


交渉は代理人と球団の間で止まることなく続き、最終的にトレードという形で幕を引くことになってしまったのです。


本当にメジャーへの移籍願望があればオリックスに移籍してから何度でも申し入れることが出来たと思いますが、日本に残留しています。


メジャーへの移籍願望が強いと噂されていましたが、実はそれほどメジャーへの想いが強かった訳ではないのかもしれません。

超人・糸井嘉男の特徴は!?驚異の身体能力!FAで争奪戦になるのも納得!?


糸井嘉男 FA 巨人 予想 メジャー


糸井嘉男選手はメジャーへの願望はさておき、かつて日本で最もメジャーリーグへ近い選手と言われる程の存在でした。


元々は投手として2003年のドラフト会議で日本ハムから自由獲得枠で指名を受けてプロの門を叩きました


150km/hを超える剛速球が魅力の投手でしたが投手としては才能が開花しませんでした。


しかし、


当時日本ハムのGMを務めていた高田繁GM(現・横浜GM)が50m5秒台を誇る俊足と150km/hの剛速球を実現する強肩を評価して野手転向を勧めたのです。



そしてその身体能力は野手転向後にすぐに開花をしました。


なんと野手転向4年目の2009年には規定打席にも到達し打率.306を記録しました。


以降、2014年に首位打者を獲得するまで6年連続で打率.300を記録し続けました。


さらには球界屈指とも言われるレーザービームと俊足を武器に外野を所狭しと駆け抜け続けたのです。


そのレーザービームの本当の凄いところはランナーがホームを狙うのを躊躇するほどの威力を持っているのです。


もちろんホームを狙った選手は糸井嘉男選手のレーザービームの餌食になりますが、外野の一角にいるだけでランナーの進塁を防ぐことができるほどの選手なのです。


まさに走攻守三拍子揃った選手です。2016年も驚異の俊足は猛威を古い盗塁を幾度も成功させています。


超人・糸井に衰えなしと言わんばかりの大活躍です。


どこのチームも獲得できるのであれば獲得したいと思われるほどの選手なのです。

糸井嘉男はFAするのか?超人かつ宇宙人の行動は予想できない?


糸井嘉男 FA 巨人 予想 メジャー


今のところ糸井嘉男本人からFAに対する想いは具体的な発言がありません。


家族と共に暮らすために巨人へ移籍するのでしょうか?


それとも縦縞に袖を通して単身赴任を続けるのでしょうか?


それともオリックスでリーグ優勝を目指すのでしょうか?


宇宙人とも言われる天然エピソードがありますが純朴な青年であると個人的には考えています。


どんな行動を取るのでしょうか?


口を揃えてどの球団も獲得できるのであれば獲得したいと答えるであろうほどの選手です。


市場に出れば歴代でもトップクラスの争奪戦が展開されると思います。


超人・糸井嘉男の発言や行動から今年は目が離せそうにありません。



関連記事:中日平田良介FAで阪神ヤクルトが濃厚?年俸予想はどれぐらい?
Sponsored Links


▪︎2017年の気になる記事はこちら

▪︎プロ野球!スイングスピードランキング!平均だとどのくらい⁉︎

▪︎プロ野球のバットの重さはどれぐらい⁉︎実は高校生よりも軽い⁉︎

▪︎高校生の歴代通算本塁打記録を見ると意外な選手が入ってる⁉︎

▪︎野球で球速アップの筋トレ法は?球速を上げるトレーニングに必要なのは?


記事が気に入ったらシェアしてくれると嬉しいですヽ(=´▽`=)ノ


 - プロ野球